家電だけの引越しが安い業者がココで分かる!

家電だけの引っ越しは、料金を安くするためにとっても賢い方法です。

ok-sign

だけど、どこが一番安い業者なのかって分かりにくいですね?

そこで、
その格安業者を見つけるためにあるのが無料の一括査定サービスなんです。

arrow_ore今すぐ、家電の引っ越しが安い業者を見つけてみる⇒⇒
かんたん1分、相場も分かり、無料で料金の比較ができる -引越し侍は利用の件数が4,500万件突破中! )

 

引越しする家電といっても冷蔵庫から洗濯機、エアコンなど、どれか一つ送るだけでも、各社の料金は最大で50%以上も違う事もあるんですよ。

 

だからこそ、節約のためには、出来るだけ多くの会社で比較をする事が重要なんです。

 

これだけ料金が大きく変わる理由は、

家電一つ送ると言っても、大きさや重さ・距離数が異なるので、各業者で配送ルートや輸送方法が得意・不得意と別れ料金が変わるからなんです。

 

つまり、どの業者の料金も決して同じにはならず、必ず高い・安いが出てくる訳なんです。

 

 

なので、適当な業者を選んで見積もりを出し、1社だけで決めてしまうのはもったいないんですね。

 

もちろん料金だけでなく、どのように運ぶのか、梱包から作業する人数に至るまでサービス内容の比較もしっかりと行わなければいけませんね。

 

 

そこで、安さだけじゃなくサービス内容もまとめて比較するためにあるのが無料の一括見積もりなんです。

 

たとえば、今回のような家電の引っ越しなら、

専用の格安プランや少量の荷物を得意とした業者を見つけることだって可能です。

 

時間に余裕があれば、混載便やフリー便でさらに安くあげる輸送方法もあるんですよ。

 

それに引っ越し料金はお互いに価格競争をしてもらうことで安くなるという裏事情があるので、

節約するためにも一括見積もりを使う事はとっても重要なんです。


もちろん、繊細で壊れやすい家電を運んでもらうわけですから安さだけでなく

安心できるところにお願いする必要がありますね。

 

だからこそ、運送業界でも最大手が参加している一括見積もりだけで比較されることをお勧めします。

ズバリ!最大手も参加中の引越し一括見積もりサービスTOP3

rank1引越し侍

rank1LP

比較で最大差額50%OFFも可能な引っ越し侍は、見積もり依頼と同時に1分で料金相場も分かるので、相場よりも安い業者を見つける際にも役立ちます。

口コミでは、サービス内容の比較もしやすかった。自分の希望に合った業者を見つけれた。料金を安くする事が出来た。

と評判良く、現在では4,500万件も利用の実績がある無料見積もりサービスです。

引越し業の大手サカイやアートから、運送業の大手、日通や佐川など最大で10社まで見積もり比較が出来ます。

 

\ご利用者の実績No.1!/

公式サイトを見てみる⇒⇒

 

 

rank3スーモ引越し

スーモ引越しは、電話番号の入力が任意なので、メールのみで各社の料金比較が出来ます。

参加業者は130社程度と少ないですが、大手のクロネコヤマトやアート、また安い運送業者まで多くが参加中です。

見積もりを出して欲しい業者だけの選択も可能なので、候補が何社か決まっている方にお勧めです。

キャンペーンとして、引越し業者から無料で梱包資材がもらえる特典も付いてきます。

 

\メールのみで見積もり可能!/

公式サイトを見てみる⇒⇒

 

 

rank2ズバット引越し

国内で最大級の業者が参加するズバットは、より多くの見積もりを取りたい時に便利です。

大手クロネコヤマト~格安業者の見積もりを混ぜ合わせて取ることで最安値が見えてくるのはもちろんの事、今まで知らなかった激安業者を見つける事も可能になります。

ご利用者には、お引っ越し祝い特典や10万円のキャッシュバックが当たるキャンペーンも期間限定で実施されています。

 

\最大10万円が当たる!/

公式サイトを見てみる⇒⇒

 

 

全部無料でご利用できます。もちろん、相場を調べるためだけにご利用でも大丈夫です。

安い業者を調べるだけでなく、家電の引っ越しの準備方法や注意点は下記でチェックして下さい!

 

家電だけの引越し向きの業者名やプラン名、節約方法を解説

家電だけの引越しを専門とする業者なら、大手~中堅まで格安なプランがありますので、ぜひご参照ください。

クロネコヤマトの『らくらく家財便』は単品から依頼可!

クロネコヤマトのらくらく家財便は単品での輸送なら格安で運べるのでお勧めです。

らくらく家財便の料金表

上記の料金表は、東京都内区間での送料になります。

引用:クロネコヤマトのらくらく家財便(公式)

梱包から発送、設置まで全てお任せ出来て、50円~の運送保険にもかけれます。

ただ、2点3点と荷物が増えていくと料金も高くなってしまいますので、他のサービスも見てみましょう!

『家具家電1点のみからOK』のアート引越センター

アート引越センターは家財1点からのご利用も可能です。

アート引越センターの家財1点OK

引用:アート引越センターのご質問(公式)

ただし、料金はお問い合わせ必須なので、お電話でご確認下さい。

『全国家財宅配便』のキタザワ引越しセンター

キタザワ引越しセンターの全国家財宅配便は、同じ目的地に行く荷物を一緒に運ぶ『混載便』のため、格安で運送する事が出来ます。

大型家財のみでなく家電1点のみでもOK!全国対応です。

もちろん、業者側が梱包を行ってくれますので、こちらでは何もすることはありません。

料金は、公式ホームページにある料金シミュレーションから見積もりが出せます!

公式で早速料金をチェックする!
(発着地を選択後、家具家電を選択し、下部の料金を計算するをクリックで表示。)

『赤帽』は近距離なら強い味方

引越し荷物のタクシー版と呼ばれる赤帽なら、近距離4,950円~輸送が可能です。

  • 20kmまでの距離制運賃は最安4,950円~
  • 20kmかつ2時間以内の時間制運賃は最安4,950円~

移動距離が20kmを超えた場合は、距離制運賃が適用され、距離に応じて追加料金(1㎞につき110円~220円)が加算される仕組みです。

ただし、家具や家電が多く、引越し運賃が適用された場合は、料金が一気に跳ね上がり13,750円~となる点は注意です。

また、梱包や設置も行ってくれますが、基本スタッフ1名のため、重い荷物の運搬はお手伝いが必要となります。

詳しい料金については、赤帽の公式ホームページよりご確認下さい!

『単身パックや宅配便』でも小物家電なら送れる!その他の配送方法もチェック!

引越しする家電が小物だけであれば、運送業者が提供する単身パックで一気に送るのも安くてお勧めです。

 

業者名サービス名最安値料金入る家電量
クロネコヤマトわたしの引越15,400~単身用洗濯機
単身用冷蔵庫
電子レンジ
日本通運単身パックS
単身パックL
19,800~
22,000~
4㎏洗濯機
2ドア冷蔵庫
20インチテレビ
掃除機
電子レンジ
佐川急便カーゴプラン
チャータープラン
お問い合わせ~要見積もりお問い合わせ~要見積もり

 

単身パックは事前見積もりがありません。ですので、ご依頼前にBOXサイズと家電の縦・横・高さの計測が必須です。

家族で利用するような大型家電の場合はBOXに入りきらないため他のサービスのご利用をお勧めします。

 

 

その他の運送業者のプラン

そのほかにも佐川急便の単品プラン(お問い合わせ必須)もあれば、アークの大物プランといったものまで、現在では多くの業者が様々な格安プランを提供しています。

 

ヤマト運輸のヤマト便

ヤマト運輸にはらくらく家財便の他にも、ヤマト便がありますが、こちらは配送前に荷造りをご自身で行う必要があり、基本回収スタッフが1名で運べる重さまでとなっています。

ただし、運送業者を選ぶ場合は、一つ一つの荷物に対して運賃がかかってしまいますので、多数の荷物を輸送する場合は引越し業者のトラック貸し切りプランの方が節約になります。

 

宅配便や宅急便で送る

また、小さい家電であれば宅配便や宅急便で送る事も可能です。こちらはダンボールに収まる荷物のみとなりますが、サイズは縦横高さで最大160cm以内で25kgまでとなっています。

サイズ/業者名ヤマト運輸佐川急便ゆうパック
60930756
690
8011501026
900
10013901296
1130
1201610
1431
1340
1401850
1566
1560
1602070
1836
1780

直接、店舗へお持ち込みで120円~値引きが可能ですが、荷造りは自分でキッチリ行う必要があり、いい加減な梱包だと受付を拒否されてしまいます。

ただし、宅配便で家電を送れれば、送料は一番の最安値価格になります!

 

 

佐川急便の飛脚ラージサイズ宅配便

佐川急便には、160サイズを超える場合、飛脚ラージサイズ宅配便がありますが、サイズの3辺合計は260cm以内で重さは50kgまでで、梱包は自分で行う必要があるのが難点ですね。

 

輸送方法の変更で安くなる事も!


色々と配送方法がありますが、もちろん、プランだけでなく、引っ越しでは運送方法のチェンジで安くなるケースも多くあるんですよ。

 

普通の引っ越しだとトラックを貸し切って作業を行いますが、それでは長距離だと金額も高額になってしまいます。

 

しかし、同じ方向に向かう荷物を一緒に運ぶおまとめ便といった方法を利用することで、費用が半額近くまで下げったなんてことも実際にあります。

 

そのほかにも鉄道を利用して輸送コストや人件費を削減し、安い運賃で運ぶコンテナ便を利用される方も多くいらっしゃいます。

コンテナ便は、大手ではアリさんや日通が積極的に活用している方法ですね。

 

また、近距離であれば積み切り便を使う事で安く済ませることも可能です。

これは、大物家財だけ(運べない家電をこちらで決めて)を引っ越し業者が運ぶ方法で、その他の細かい荷物はご自身で運ぶ方法です。

 

引越し時期の変更で安くなる事も!

引越し料金は引っ越しする時期で変われば、曜日や時間帯でも変わってくるので、ここを変更できないか一度検討してみて下さい。

繁忙期となる時期は3月中旬~4月上旬までです。ここが一番高く、通常価格の2倍~3倍程度にまで料金が跳ね上がります。

 

時期をずらすのが難しい場合は、曜日や作業の開始時間を変更する事でも安くなる事もあります。

例えば、荷物が家電だけであれば業者の予定に空きが出る曜日に運んでもらうとか、午後から運んでもらうとかでも大きく料金が安くなる事があります。

 

特に、午後以降の引っ越し(フリー便)だと、見積もり額が初期価格より半額程度まで下がる事もあるのが引越し料金です。

一番確実なのは、今月なら、もしくは来月ならいつが一番安いのか業者へ積極的にお尋ねし、その料金で他業者の見積もり額を聞いてみる方法がおススメです。

 

見積額は比較しながら交渉を行っていく事で、どんどん料金は安くなっていきます。

見積もり時に格安にするポイントで大切なのは1点のみで、1番安いところでお願いしようと思っています。と一言だけお伝え下さい。

 

輸送方法や時期だけ取っても、引っ越し方法にはいろんな選択肢がもありますし、ウェブには乗っていない特殊な方法(安く出来る方法)を持っている業者さんもたくさんいらっしゃいます。

しかし、1社ずつ調べていては時間がいくらっても足りないので、無料の一括見積もりでとりあえずは候補となる業者をふるいにかけてみることをお勧めします。

最安値を見つけるために家電の引越が得意な業者にお任せして、格安に運んでもらいましょう。

 

SNSでもご購読できます。